最近の松戸市の家族葬の在り方とは

一般的に葬儀というと、華やかで盛大なものが立派だとされていましたが、ここ最近では、家族だけで静かに見送ってほしいと希望する人が増え、家族葬や一日葬などを行うことが多くなりました。終活やエンディングノートには、自分の葬儀の在り方まで考えていることが記されています。定年を過ぎて久しい高齢の方々は、友人や知人が他界されている方も多く、自分の時は家族に見送られれば十分だと思っているようです。松戸市も例外ではなく、規模の大きい立派な葬儀よりも、小さくても心のこもった葬儀を希望する人が増えています。費用面でも抑えることができ、自由な葬儀として好きな曲を流したり、大好きな花で埋め尽くすなど、故人が好きだったものを飾って最後のお別れをすることが最近の葬儀の形となっています。

家族葬を松戸市で行う手続きについて

臨終を迎えたら早速葬儀の手続きをしなければなりませんが、生前から希望していることがあれば、叶えてあげることが故人にとって満足できる供養となります。葬儀社を決め、病院から自宅や通夜の式場などへ搬送を依頼します。その際、病院から「死亡診断書・死体検案書」を交付してもらうことです。「死亡届」と「火葬許可申請書」を提出するための書類ですが、これらの書類がないと火葬ができません。家族だけでの葬儀なら、接待に追われることなく静かに見送る時間をつくることができますが、必要な書類や手続きだけは申請しておくことが大切です。信頼できる業者に依頼したら、希望や予算を伝えて葬儀全体の見積もりを忘れずに出してもらいます。あとは業者と相談し不明な点はその都度確認しながら進めていくと良いでしょう。

松戸市で家族葬を行うにはどうしたら良いか

家族葬は弔問客を招かないため、訃報を知らせることと共に参列のお断りとその理由をお知らせしなければなりません。近年増えていることもあり、そういった葬儀を経験している方には理解していただけるようですが、一般の葬儀しか参列したことのない方にとっては、お付き合いに悪影響が出ることも予想されます。そのような場合でも、後日「偲ぶ会」などを行い参加していただくことで理解を得ることができます。葬儀の形はシンプルに変わってきていて、お通夜をせず告別式と火葬の「一日葬」や、火葬だけを行う「直葬」などでお別れすることも多くなっています。規模の大小を考えずシンプルな葬儀でも、故人が希望していたことであればそれがいちばんの供養となります。「良い葬儀だった」と思えるようなお葬式で見送ってあげたいものです。