家族葬を松戸市で行う時の費用とは

最近では葬儀の約半数が家族葬といわれています。費用面がリーズナブルであることや、一般葬と比べても内容的にはそれほど変わらないことがあげられます。一般の葬儀との違いは、参列者への対応に追われることがないというところです。規模が小さいことで費用をかなり抑えることができるのです。最近の松戸市の葬儀社では、「家族葬プラン」を用意しているところが殆どですが、その費用は業者により様々です。提示している金額が、どこまで含まれている額なのかを確認しておかないと、プランの内訳に必要な項目が入っていないことがあります。必要な項目を入れるごとに追加料金が発生する場合もありますので、最終的な金額を見積もってもらうことが大切です。安い金額を提示している業者は、注意書きに追加料金が発生する項目が記入されているので注意して確認することが大切です。

松戸市で葬儀を行う手続きについて

臨終から葬儀までにやらなければならない手続きには、まず病院から死亡診断書と死体検案書を交付してもらい、役所に死亡届・火葬許可申請書を提出しなければなりません。そのあと年金受給停止や世帯主変更届、国民健康保険の場合には健康保険証の返却や資格喪失届も提出する必要があります。これらの手続きは期限があるため、それに合わせて提出することが大切です。家族葬を行うには「火葬許可証」が必要で、これがなければ告別式から火葬を行うことができなくなってしまいます。この書類は火葬が済むと「火葬済」と押印され「埋葬許可証」になります。大切な人を亡くしたばかりで悲しんでいる間もなく、通夜・葬儀の準備に追われ、あわただしいなかでも同時に手続きもおこなわなければならないとても酷な時間ですが、家族だけの葬儀でゆっくり最後のお別れの時間をとることができます。

葬儀を行うにはどうしたら良いか

松戸市でも家族葬が増えていて、予算と希望を伝えることで大抵の業者はプランの提案をしてくれます。必要な物や書類、葬儀の流れを説明してもらい、葬儀全体にかかる金額の見積もりをしてもらうことが大切です。パック料金がある場合には、必要な項目が全部含まれているか、追加料金が発生するのはどのような場合かなどをしっかり確認しておく必要があります。また、親せきや知人に訃報を知らせるとともに、参列のお断りが必要です。最近では家族だけの葬儀が増えているため、お断りする場合でも理解されることが多いようですが、後々のお付き合いに不具合が生じないよう、またトラブルなどに発展しないように対応することが大切です。家族だけで葬儀を行うとしても、後日改めて「お別れ会」などを開催することで納得される方も多いようです。